検索

サンプルアプリ コロナウイルス感染に関するデータから



アップシートを利用し、これらのデータを活用しての「危機情報提供アプリ」をサンプルアプリとして作成してみました。


まずデータの出典はこちらのサイト。

https://www.worldometers.info/coronavirus/


このサイトにテーブル形式で掲載されているデータをアプリのベースとしています。このデータから国名などを抽出、GoogleSheetの関数を用いてマスターテーブルを作成。同時にGoogleのフリーのアドオンを利用して国名からその国の代表的な緯度経度を自動抽出。


このデータをAPPSHEETに読み込ませアプリ化したものがこちらです。



このブログにアップシートのアプリをEMBEDしましたが、弊社のポートフォリオからもご覧いただけます。また、アプリを皆さんのアカウントにコピーし、そのままご利用いただくことも可能です。


アップシートの扱いの研究にもご利用下さい。


https://www.appsheet.com/samples/Sample-App?appGuidString=1d257826-fdcf-4f25-8885-0822cd582fa1



複雑なアプリに見えるかもしれませんがトリックは極めて簡単です。シート(データテーブル)一つが原型です。

このデータを多角的に異なるviewで利用し見せ方を変え、またマスターテーブルを作成し親子間のリンクを設定。こちらはGooglesheetの技になりますが、国名から緯度経度のデータを取得(アドオン)し、地図上にプロットできるようにしています。


そして最後に複数のVIEWをダッシュボードにまとめて表示。


アップシートですので当然に携帯、PCどちらでもうごきますが、ダッシュボードはPCでご覧いただいた方がイメージが沸くかと思います。


作成に要した時間は1.5~2時間程度でした。





283回の閲覧5件のコメント

最新記事

すべて表示

Salesforceイベントを検知するAppSheet Automation 設定のご紹介

AppSheet Automation での追加機能として Salesforce上で発生したイベントを検知 することができようになりました。 例としてSalesforce上で登録データを元に、AppSheet Automation がそれを検知、メール送信他のアクションにつなげることができます。 AppSheetでは添付PDF付きのEmail送信が容易に実現可能となっており、Salesforce上

Google ドライブをデータソースに指定したAppSheetアプリ事例

AppSheet Automation の一部として、請求書やレシートのキャプチャ機能が公開されましたが、単純なOCR機能にとどまるものではなく、Google ドライブをデータソースとして指定しそのメタデータを構造化されたデータとしてTableに格納するという機能の一部となります。クラウドネイティブで高度なOCR機能と呼んで良いでしょう。 これまではGoogle Workspace との連携ではス