検索

App MakerからAppsheetへ Special Promo Codeがあるようです。



昨日もAppsheet主催でWEBINARが開催されました。今回も最近のWEBINARと同様のTOPIC、App MakerからAppsheetへの移行に関して。Youtubeにも動画が早速上げられていますのでこちらでもシェア致します。


前回のブログでも言及致しましたが、App Makerのアプリは原則Cloud SQLをデータソースとしているため、移行に際して、当然にAppsheetからCloud SQLへ接続ができないと困ります。実際、CLOUD SQLのデータをSheetに吐き出し、そちらをデータソースとするトリックを個人的にお勧めします(その手法は別のブログでご紹介しようと思います)が、アップシートでSQLに接続するにはビジネスプランの購入が必要です。


アップシートへの移行に関する情報サイト


上記にApp MakerからAppsheetに関する移行に関する有用な情報が纏められています。


こちらのページにプロモコード取得を申請できるフォームが設置されています。

既存のG Suiteのユーザーは例外なくコード申請ができるようですので、現在アップメーカーでアプリを作成、CLOUD SQLにデータを保存されていらっしゃる方は、プロモコードを取得されることをお薦め致します。


https://solutions.appsheet.com/app-maker-to-appsheet


コード取得資格等のより正確な情報についてはAppsheetに問い合わせしていますので、何か新たな情報が入り次第、こちらでシェアするようにいたします。


175回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

Salesforceイベントを検知するAppSheet Automation 設定のご紹介

AppSheet Automation での追加機能として Salesforce上で発生したイベントを検知 することができようになりました。 例としてSalesforce上で登録データを元に、AppSheet Automation がそれを検知、メール送信他のアクションにつなげることができます。 AppSheetでは添付PDF付きのEmail送信が容易に実現可能となっており、Salesforce上

Google ドライブをデータソースに指定したAppSheetアプリ事例

AppSheet Automation の一部として、請求書やレシートのキャプチャ機能が公開されましたが、単純なOCR機能にとどまるものではなく、Google ドライブをデータソースとして指定しそのメタデータを構造化されたデータとしてTableに格納するという機能の一部となります。クラウドネイティブで高度なOCR機能と呼んで良いでしょう。 これまではGoogle Workspace との連携ではス