検索

APPSHEETでテレビ会議?




アップシートはデータ取得を最も得意とするプラットフォームですが、アイデア次第で様々な外部サービスと連携させて機能を拡張できるサービスでもあると以前のブログでご紹介したことがあろうかと思います。


コロナウイルス感染の余波が玄関先まで近づいて参りました。次週から学校は休校。また、多くの企業でも次週から在宅勤務、という流れになるかもしれません。在宅勤務といっても社員間でのコミュニケーションどうするの? SKYPEで話そう。無料だし。でもSkype知らない、アカウントをもっていない人間はどうする? スカイプのインストールの手法から教えなくては? スカイプを日ごろチャットとして使っているけど相手先へのビデオ通話やったことがないので通話の仕方がわからない。こうなるとコミュニケーションが途絶えます。


そこで以前、超簡単なテレビ会議用のアプリ、をアップシートで構築してみました。


サンプルとしてUPしていますので、ご自由にお使いいただけます。


https://www.appsheet.com/samples/Sample-App?appGuidString=045281d8-46f9-4dc6-9694-8a368138aec5



実際に裏で利用させていただいているのが、NTTさんが展開されるWEBRTCのテクノロジーを利用したSkywayという開発者向けのサービスです。開発者向け、とはいいますが、提供されているサンプルのWEBRTCのURLを拝借し、アップシートと連携させているだけです。



https://webrtc.ecl.ntt.com/



使い方は簡単。新しく会議用のROOMを立ち上げる、もしくは既に作ったROOMを利用する。


アプリにアクセスし、指定したROOM番号を選択、クリック。会議に参加するほかの人間もアップシートのアプリから同じ番号のROOMを選択、クリックするだけで会議に参加ができる。基本的にアップシートにログインさえしていれば、それ以降の認証作業などは必要とされません。


簡易的に、無料、かつ簡単にTV会議機能をもった自社専用のコミュニケーションツールの出来上がり、です。


PCのブラウザではうまく会議に入れないかもしれません。NTTさん側のバグかもしれません。携帯にアプリをインストールすると問題なく会議に入れました。




323回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Salesforceイベントを検知するAppSheet Automation 設定のご紹介

AppSheet Automation での追加機能として Salesforce上で発生したイベントを検知 することができようになりました。 例としてSalesforce上で登録データを元に、AppSheet Automation がそれを検知、メール送信他のアクションにつなげることができます。 AppSheetでは添付PDF付きのEmail送信が容易に実現可能となっており、Salesforce上

Google ドライブをデータソースに指定したAppSheetアプリ事例

AppSheet Automation の一部として、請求書やレシートのキャプチャ機能が公開されましたが、単純なOCR機能にとどまるものではなく、Google ドライブをデータソースとして指定しそのメタデータを構造化されたデータとしてTableに格納するという機能の一部となります。クラウドネイティブで高度なOCR機能と呼んで良いでしょう。 これまではGoogle Workspace との連携ではス