検索

App Makerがサービス終了


Googleのプレスリリースにおいて、2021年1月を以ってこれまでLow Codeアプリ開発ツールとしてサービス提供してきたGoogle App Makerのサービス提供を修了すると発表しました。


Appsheetと競合するツールで、同社の買収とAppsheetを今後のGoogle Cloudプラットフォーム上の主要なツールとして位置付けることとなった以上、極めて自然な流れですが、いつも通りの動きの速さと的確な判断に感服します。


また、App Makerの退役に伴い、Appsheetを後継ツールとして指定。App Makerの既存ユーザーに移行、乗り換えを推奨しています。


Googleは利用者の少なさをサービス停止の一つに挙げております。ユーザーの心を掴めなかったのか?一方、App Makerは基本フリーのツールですが、Appsheetでも取り入れるべき有用なツールやGoogleのMethodologyに沿ったシンプルなUI/UXも魅力的でした。App MakerのDevelopperがAppsheetの開発、Google Cloud Platformへの移行に関与することになれば(多分なると思います)、APP MAKERの展開を通じて得られた見識、User Feedback, Pros/Consを反映した更に使い勝手のいいツールにAppsheetは発展していくのではないでしょうか?


いずれにせよAppsheetのUSERにとってもポジティブな動きと思います。


マイクロソフトはパワーアップ(POWER APP)という同種のサービスを展開。こちらは?


以下、関連記事のリンクです。


https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/28/news060.html


https://gsuiteupdates.googleblog.com/2020/01/app-maker-update.html?m=1

54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Salesforceイベントを検知するAppSheet Automation 設定のご紹介

AppSheet Automation での追加機能として Salesforce上で発生したイベントを検知 することができようになりました。 例としてSalesforce上で登録データを元に、AppSheet Automation がそれを検知、メール送信他のアクションにつなげることができます。 AppSheetでは添付PDF付きのEmail送信が容易に実現可能となっており、Salesforce上

Google ドライブをデータソースに指定したAppSheetアプリ事例

AppSheet Automation の一部として、請求書やレシートのキャプチャ機能が公開されましたが、単純なOCR機能にとどまるものではなく、Google ドライブをデータソースとして指定しそのメタデータを構造化されたデータとしてTableに格納するという機能の一部となります。クラウドネイティブで高度なOCR機能と呼んで良いでしょう。 これまではGoogle Workspace との連携ではス