検索

【新機能】CSVファイルからのデータインポート機能が登場



新機能が追加されていることに気づきましたのでご紹介します。

本来は、ブログ・コミュニティーやホームページ上で「こんな機能を新たに実装しました。」的な案内もして欲しいのですが。。。。

時節柄、イースターエッグ探しをさせられているような感じもしてしまいます。この庭に、卵埋めたので探してみてね(アップシートに新機能登場。探してみてね。。。)。


アップシートのアクションのひとつにこれまで、テーブルのデータをCSVに変換してエクスポートという機能はありましたが、この逆のインポート機能が登場。


これからどんなユースケースでの利用が便利か?など思案しなくてはなりませんが、無駄ではない、寧ろ、有効な機能でしょう。

新規のデータ登録にアップシートのフォームを一つ一つ入力し追加していくのは確かに骨の折れる作業となってしまうケースも。また、一気にデータを更新したい!という場合は、エクセルのようのドラッグアンドドロップでデータを更新、という方が便利なケースも。

アプリ外にデータを一度吐き出し、加工したうえで、この機能を用いてデータを戻す。結果、CSV上でのデータの更新が反映されるため、BULKでのデータ更新、追加に便利。


考えるといろんな場面で使えそうな機能ですね。


コミュニティーでのつぶやき



614回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Salesforceイベントを検知するAppSheet Automation 設定のご紹介

AppSheet Automation での追加機能として Salesforce上で発生したイベントを検知 することができようになりました。 例としてSalesforce上で登録データを元に、AppSheet Automation がそれを検知、メール送信他のアクションにつなげることができます。 AppSheetでは添付PDF付きのEmail送信が容易に実現可能となっており、Salesforce上

Google ドライブをデータソースに指定したAppSheetアプリ事例

AppSheet Automation の一部として、請求書やレシートのキャプチャ機能が公開されましたが、単純なOCR機能にとどまるものではなく、Google ドライブをデータソースとして指定しそのメタデータを構造化されたデータとしてTableに格納するという機能の一部となります。クラウドネイティブで高度なOCR機能と呼んで良いでしょう。 これまではGoogle Workspace との連携ではス